過不足

イソフラボンとエクオールの生成について

イソフラボンは、大豆などに含まれるポリフェノールの一種です。
また、イソフラボンは女性ホルモン・エストロゲンに似た働きをする成分として注目を浴びています。
女性ホルモンが乱れる更年期障害の緩和や、乳がんの予防、そしてホルモンの乱れから起こる脂肪増加を抑制し、メタボリックシンドロームを防いでくれます。

また、エストロゲンが減少する時期に発症しやすい骨粗しょう症の予防などにも効果が現れ、ホルモンの乱れからくる病気から身を守ってくれるため、女性から絶大な人気のある成分なのです。
しかし、その効果を期待してイソフラボンを摂取しても効果が現れない人たちが存在するのです。
効果がある人もいるのに、これは一体どういう事なのでしょうか。
そこには、「エクオール」という成分が自分で作れるか作れないかにかかっていたのです。
「エクオール」とは、腸内でイソフラボンに含まれる「ダイゼイン」という成分に乳酸菌が関わり、変換することによって出来る成分です。

この「エクオール」が、エストロゲンに似た性質を持ち、これこそが女性ホルモンを助けるイソフラボンのもととなる働きをすることが発見されたのです。
しかし、腸内環境によってはエクオールを生成できない人がいます。
古くから大豆製品に親しんできた日本人ですが、エクオールを生成できる女性は20代で約20%という残念な結果が出ています。
エクオールを増やしたい場合は、納豆や豆腐、豆乳を毎日摂取するようにしましょう。
このエクオールが生成できるかどうかは、尿検査で分かるので、イソフラボンの恩恵を受けれるかどうか知りたい人におすすめです。

でももし、エクオールを作る菌が体内に無い場合はいくら作る努力をしても作れません。
では、どうしたらよいのでしょうか。
現在、エクオールの成分自体がサプリメントになっています。
直接体内に入れることが可能なので、エクオールの効果を実感することが出来ます。
エクオールの力をぜひ実感したい人はサプリメントを試すも良いかもしれません。

下記のサイトより、サプリメントの基本情報がご覧いただけます。