過不足

イソフラボンの化粧品とは

イソフラボンは女性をサポートする成分として人気があります。
大豆胚芽に多く含まれるポリフェノールの一種で、女性ホルモンエストロゲンに化学構造が似ており、エストロゲンと同じような働きをする成分です。
更年期障害の緩和やや骨粗しょう症予防、乳がんや動脈硬化予防など様々な疾患に効果がありイソフラボンサプリメントなどに利用されています。

しかし、イソフラボンはサプリメントだけではありません。
美白効果、美肌効果が認められ化粧品にも利用されているのです。
イソフラボンにはコラーゲン生成を促す働きがあります。
コラーゲンは人間に必要なたんぱく質で、細胞同士を結び付ける働きがあります。
そのため、肌に弾力を与え、しわやタルミを予防します。
そして、イソフラボンはポリフェノールの仲間です。
ポリフェノールの代表的な働きとして、抗酸化作用があります。
抗酸化作用は、肌のメラニンの生成を抑え、シミやクスミの大きな原因である活性酸素を取り除き美白効果が狙えるのです。
この働きを利用して化粧水に利用されています。

さらに、イソフラボンには毛髪の成長を遅らせる抑毛作用があります。
毛髪の奥にある「毛乳頭」に働きかけ、毛を生えにくくするため、除毛や脱毛あとのローションに配合されています。
即効性はありませんが、使い続けることによってムダ毛の処理が楽になるでしょう。
また、女性ホルモンは、髪の毛を保護する役割もあるため、育毛剤にも使用されています。
女性ホルモン・エストロゲンは毛髪の成長を助け、抜け毛を予防する力があります。
また、毛髪を保護し、うるおいのある健やかな毛髪を保つことが出来ます。
さらに、男性の薄毛の原因には、脱毛ホルモンというホルモンが大きく関係しています。
この脱毛ホルモンともいえる5aリダクターゼの分泌を抑える働きがあるため、薄毛を予防する効果が狙えるのです。

また、大豆イソフラボンには大豆サポニンが含まれています。
サポニンとは、洗剤に似た働きをします。
そのため、毛穴の奥まで汚れを洗浄してくれ、ニキビ予防になるのです。
石鹸や洗顔フォームに利用されています。
このようにイソフラボンは様々な化粧品になり、それぞれの悩みがある人を救っています。
皆さんのぜひこの効果を試してみてください!