過不足

過不足のない摂取方法

イソフラボンはフラボノイドの一種で、女性ホルモンであるエストロゲンに化学構造が似ていることから、エストロゲンと似た働きを体内ですることが分かっています。
女性ホルモンは、女性の心身の状態を司っており、これがバランスを崩すと、身体に不調をきたします。
エストロゲンの不足で起こる更年期障害はその代表格と言えるでしょう。
イソフラボンを摂取することによって、更年期障害による不快な症状の緩和や、コレステロールの上昇、循環器疾患を予防する働きが認められています。
こういった症状に悩む人たちにとって、イソフラボンは大きな助けになってくれるのです。

しかし、いくら身体にいいからと言って過剰摂取をすると、逆に体に悪い影響を及ぼしてしまいます。
では、イソフラボンの適正摂取量はどのくらいなのでしょうか。
イソフラボンは、食事以外のサプリメントなどで摂取する場合、一日の摂取量を30mgが適正だと判断されています。
食事を含めると70~75mgを上限としています。
納豆1パック、豆腐半丁で十分なイソフラボンが摂れます。
このように、普段の食事から摂取する場合は、上限をあまり気にしなくてもよいようですが、サプリメントを利用する場合は、上限30mgを守って摂取してください。
イソフラボンを過剰摂取すると、女性ホルモンのバランスを崩してしまうのです。
症状を軽くしようとして摂ったのに、逆に体調を崩してしまうと本末転倒です。

また、イソフラボンは天然成分でありそれ自体に有害性はありませんが、過剰摂取により、エストロゲンを多量に分泌してしまい、乳がんを発症させる確立を高め、また、月経周期が延長され月経不順になる恐れがあり、子宮内膜増殖症引き起こしてしまう可能性があるのです。
過不足なく摂取するには、これらの一日の上限を守ることが大切です。
イソフラボンの摂取量を守ることによって、効果を最大限に受けることができ、健やかな毎日を送ることが出来るのです。