過不足

大豆イソフラボンを使ったアイテムとは

イソフラボンはサプリメントによく使われる成分です。
特に大豆に含まれる大豆イソフラボンが有名ですね。
大豆イソフラボンは、女性ホルモンエストロゲンと似た働きをします。
そのために、女性ホルモンの不足で起こる更年期障害や、骨粗しょう症、コレステロールの上昇、循環器の疾患の予防などに効果を発揮します。

また、増えすぎたエストロゲンの分泌を抑え、ホルモンのバランスを整えてくれるのです。
日本人には馴染みの深い大豆がこのように大きなパワーを持っているのです。
そして、サプリメント以外に、この大豆イソフラボンを活用したアイテムがあります。
どのようなアイテムなのでしょう?まず、女性が毎日使っている化粧水です。
イソフラボンは薬ではないので、肌に強い刺激を与えません。
化粧水には「大豆エキス」と表示されていることが多く、その中に大豆イソフラボンが含まれています。
細胞を再生する働きや、コラーゲン生成を促す働きがあるので肌にハリを与え、しわやタルミを防ぎます。

また、抗酸化作用により、シミやそばかすの原因であるメラニンの生成を抑え、美白効果も狙えます。
そのため、化粧水だけでなく、乳液、入浴剤などにも使用されています。
そして、大豆イソフラボンは、育毛にも効果があり、育毛剤にも使用されています。
女性ホルモンであるエストロゲンは毛髪の成長を助け、抜け毛を防ぐ効果があるのです。
このエストロゲンに似た働きがあるので、健康な毛髪を育成することが出来るのです。

また、男性の薄毛の原因には、脱毛ホルモンというホルモンが関係しています。
この脱毛ホルモンのもとである5aリダクターゼの分泌を抑える働きがあるため、薄毛を予防する効果が狙えるのです。
同じくシャンプーなどにも使われています。
また逆に、抑毛効果もあり、シェービングの後のローションやクリームに含まれ、ムダ毛の生成を抑えて、肌をツルツルに保ってくれます。
大豆イソフラボンには多くの効能があり、そのため沢山のアイテムに使われています。
イソフラボンを使う目的で選び、楽しみながら健康や美を増進させましょう!